MENU
ユンタン
3歳男の子の専業ママ。夫と3人家族です。
息子はモンテッソーリ、一般的な幼稚園の2カ所のプレに通っており、感じたことをツイッター「#モンテプレ」で記録しています。
ほかにも絵本の記録は「#ユンタン絵本メモ」植物栽培の記録は「#ユンタンラベンダー」と息子との生活を画像を入れつつ呟いています。

乳児育児中の激務に耐えきれず、ドラム式洗濯機をはじめホットクックとヘルシオを購入し料理まで自動化。ついでに食洗機も導入しました。
乳児育児を抜けた今は家電で得た余白で知育を楽しんでいます。
ユンタンブログはブロックエディタ完全対応のSWELLで作成しています
【3ヵ月無料!期間限定9/23まで】キッズ英語音楽がいっぱい!amazon music unlimited >>>

SWELLレビュー♪ブロックエディタ派なら断トツ推せる有料テーマ

WordPress有料テーマのSWELLをレビューします。有料テーマの購入を迷われている方は必見です。SWELLの特徴やメリットに書かれている内容を検討中の有料テーマではどうか、ぜひ比較してみてくださいね。

この記事を書いた人

Coccon(ブロックエディタ)を11ヶ月→THE THOR(クラシックエディタ)を2週間→SWELL(ブロックエディタ)を2020年5月から使っているママブロガー

タップできる目次

SWELLをレビューすることにした理由

SWELL review

私がSWELLに至るまでの当時(2020年5月頃)、ブログ界ではブロックエディタはそこまで重要視されていませんでした。WordPressがクラシックエディタだったから。

そんな中、CocoonからTHE THORにテーマ替えをしたらまさかの使いにくさで楽しかったブログがきらいになる寸前までなったのです。ほんとに。

というのも、THE THORはCocoonと入力画面が根本的にちがったからです。

そこで初めてWordPressには「ブロックエディタ(グーテンベルク)」と「クラシックエディタ」の2つの概念(入力方法)があることを知りました。

Cocoonはクラシックエディタもあるけど、基本はブロックエディタ。ダウンロードしたらブロックエディタが標準装備されています。

ユンタン

ツイッターの相互さんが教えてくれて気付けたよ!!
私はCocoonを「ブロックエディタ」で入力していたと!!

今ではWordPressもブロックエディタ仕様となっていくので当たり前の話になってきていますが、当時(2020年5月)「ブロックエディタ」と知ってCocoonでブロックエディタを使っていた方は案外少なかったかもしれません。そして有料テーマに移行した途端、クラシックエディタに切り替わり「何これ!?使いにくい!!」というパニック発生という方が、私の周りにもちらほらいらっしゃいました。

さらにこの頃、有料テーマの記事を調べても知ってか知らずか私の知る限りデメリットに「ブロックエディタに非対応」と書いてくれている方はほぼいませんでした。

そんなわけでまんまと?ブロックエディタにほぼ非対応のTHE THORに切り替えてしまったというわけです。

時間も労力もムダにしたので、同じように間違いを起こす方を減らしたくSWELLレビューを書くことにしました。有料テーマを検討中の方は是非さいごまでご覧ください。

SWELLはこんな方と相性抜群

SWELL review こんな方と相性抜群

SWELLはこんな方と相性抜群です。まさに私!僕!と思ったら本当におすすめ。

SWELLと相性抜群の方
  • 時間が貴重
  • 追加課金はやだ
  • ブロックエディタ派
  • プログラミングが苦手
  • デザインにもこだわりたい
  • サクサク楽しくブログを書きたい
  • 複数サイトを作りたい・持っている
  • CSSに時間を費やすより記事に集中したい

これら全てを叶えてくれます。

SWELLのデメリット

SWELL review デメリット

SWELLのデメリット、個人的には本当にないんですよね。

SWELLのデメリット
  1. 他の有料テーマに比べると値段が高め
  2. 他の有名なテーマに比べ情報量が少ないと思われがち
  3. 1人で運営されていること → 体調面・家族構成の変化で更新スピードが落ちる可能性は考えられる。

1については、たしかに一見そう感じるかも。ただ、よーく調べた方にはわかると思うのですがこの高機能を追加課金なしで使えるのでそれ相応かと思います。

簡単な例でいうと、かっこつけだけの高い洋服を買うより価値があります。

ユンタン

この機能を使うには追加課金でーすとかアップデートはお金がかかりまーすとか言われると、え?ってなる

2については購入者限定の質問BOXがあるので検索すれば解決できます。

とはいえ公開の場で聞くのはちょっと、、と思うときもありますよね。ググってサッと出てくるのが理想的。最近はSWELLユーザが急増しているので情報も増えているのでそこまで思い悩む必要もなさそうです。

3については開発者ご本人も気にされているのが次のツイートから伺えます。SWELLの使い勝手の良さが口コミで広がってご多忙なのでシンプルに人手も欲しておられるのもありそうです。

また、以前は個人でやれていたのでいつでもなくなるリスクがあると懸念されていましたが、2020年8月に法人化されたのでその点の心配はほぼないといって良さそうです(それを言い出したら他のテーマでもあり得るよね)。

ユンタン

あなたが比較している他テーマのチーム構成はどうなっているか把握してる??

とはいえ、SWELLはCocoonと業務提携をしたので(2021年7月)完全に個人ではなくなったともとることができますね。

SWELLの特徴でありメリット

SWELL review 特徴、メリット

ブロックエディタ派には断然推せるSWELLですが、どんなテーマなのか特徴を見ていきます。これは同時にメリットでもあります。

SWELLの特徴でありメリット
  • 高機能
  • 開発者の頭が柔軟
  • 100%GPL(複数サイトでもOK)
  • アップデートが頻繁(つまり常に最新)
  • 買い切り課金なし(アップデートも無料)
  • SWELLユーザの要望を聞き入れてくれる
  • ほかテーマからの乗り換えサポートプラグイン(無料)がある
  • ページスピードが早い(開発者的に力はそんなに入れていないのに)
  • ブロックエディタ(グーテンベルク)にプラグインなしで完全対応

これだけでだいぶ最強じゃないですか?私の知る限りほかの有料テーマにこんなすごいのないですよ。

有料テーマを検討されている方はほかのテーマの情報も見ていらっしゃるかと思いますが、どうですか?比べてみて。

そこまで調べてなかったわ、という方は上記をぜひ調べてみてください。

ユンタン

これらの情報がはっきりわかりやすく明確に書かれていることを願う

ナツ

何がどこに書かれているかがわかりにくいテーマって実はけっこうあるんだよねー⤵︎

ユンタン

ほんとそうなんだよね。SWELLを購入してからもほかの有料テーマのHPを見ることがあるけど、やっぱりSWELLのHPはシンプル且つわかりやすい

1つひとつ掘り下げて見ていきます。

SWELLは高機能

SWELLは高機能です。たとえば、

ボタン

ボタンブロックはどのテーマでもあると思いますがSWELLのボタンは計測が可能です。

計測の種類は以下の5つ。

  • ボタン設置後のPV数
  • ボタン表示の回数
  • ボタンのクリック数
  • このボタンまで読まれた割合(%)
  • 表示回数に対するクリック率(%)
ユンタン

記事の検証・修正に役立つよね!

ABテスト

ABテストブロックもあります。2パターンの文章がランダムに表示されるというもの。

使い方としては例えばアフィリエイトリンクを『ボタンと商品リンク』の2パターンでどちらのクリック率が高いか検証するとか、『派手な装飾とシンプルな文字列』でよく読まれているのはどちらかを検証するとか。

ユンタン

いろいろと実験ができるね!

SWELLの機能一覧 >>

SWELL開発者である了さんの頭が柔軟

SWELLユーザーの意見を常に取り入れてくださる開発者さんなのでユーザーが使いやすい有料テーマであるし、進化し続けている秘訣の1つだと思います。

SWELLは購入者限定で質問をする場があるのですが、その質問内容を活かして新たな機能を加えたり改良したりを繰り返してくださいます。

SWELLはアップデートが頻繁(つまり常に最新)

先ほどの続きになりますがユーザーのニーズに応えるべく改善していくと必然的にアップデートは多くなりますし、なにより開発者さんのやる気と熱意がすごい。より良いより使いやすいテーマを探求し続けているように感じます。

つまりSWELLは常に最新です。

中には更新が数ヶ月されていないテーマもあるらしいのでよく確認してくださいね。え!?そうなの?と思われたかた、ちょっとみんなの声を聞いてみましょう。

ユンタン

アップデートが頻繁なのは信用できるよね。
せっかく高いお金を出して買うんだから有料テーマを選ぶ際はけっこう重要項目だよ!

SWELLのアップデート頻度>>

SWELLは100%GPL(複数サイトでもOK)

今後、複数のサイトを運営していきたい!特化サイトを作りたい!などの考えがうかんだとき、SWELLなら安心です。複数サイトOKなので将来的に心変わりがあっても買い直す必要がないので心配いりません。

SWELLは買い切り課金なし(アップデートも無料)

一度SWELLのテーマを購入したら追加の課金はありません。もちろんアップデートも無料です。

え?当たり前じゃないの??と思われた方、そうでもないんです。テーマによっては「この機能を使いたければ課金」「アップデートするなら課金」「毎年払い」なんて制度もありますのでよーく調べてくださいね。

ユンタン

この高機能が追加課金なしってすごいよ!

SWELLは他テーマからの乗り換えサポートプラグイン(無料)がある

たとえばCocoonからSWELLにテーマ替えしよっかな〜と思ったとき、心配するのは見た目がぐちゃぐちゃに崩れるのでは??もしかしてリライトが大変では??ですよね・・。

私の場合はブロックエディタ→クラシックエディタ→ブロックエディタとテーマ替えをしたので文字の打ち直しやコピペや装飾のやり直しの作業がとても大変でした。1歳を自宅保育しながらスキマ時間で作業していたのもあり50記事くらいで2ヵ月も。

これ、2ヵ月もロスしてることになるんですよね。

SWELLはそんな手間を少しでも減らそうといろいろなテーマから乗り換えするときのためのサポートプラグインが無料で用意されています。

対応しているテーマは以下6つ。

無料のサポートプラグイン

上記のテーマをお使いの方はそれぞれのプラグインを入れると見た目の装飾ができる限り崩れないように保ってくれるというものです。

もちろんプラグインが1つ増えることになるので、リライトを済ませて削除するのが良いと思います。リライトが終わるまで見た目を保ってくれるツールとして使うと良さそうです。

ユンタン

私の場合はCocoonからTHE THORにして、両テーマの装飾がごちゃ混ぜになっている状態。
どちらのテーマのプラグインを入れるかは『どちらのテーマの装飾が多いか』で決めると良いみたい!
結局私はプラグインなしで崩れた状態をさらけつつ地道にリライト作業をする、を選んだよ。

有料テーマにするなら『早い方がいい!』というのはリライトの苦労を知っている先人たちがいるから😂

SWELLはページスピードが早い(開発者的に力はそんなに入れていないのに)

ものすごく気にする方もいれば、ストレスなく開くくらいなら気にしない方もいますね。SWELL開発者の了さんは次のようにおっしゃっています。

公式な推しではないっぽいですが、私のページスピードは爆上がりでした✌︎

SWELLの特典 ユンタンブログのページスピード(PC)
ページスピードPC

とはいえ、その後Google様がページスピードを重視すると発表がありましたので、画像の圧縮や無駄なプラグインの削除などの対応はされた方が良いですね。

これを受け、SWELLもさらなる対策をしていくのかもしれません。

SWELLはブロックエディタ(グーテンベルク)にプラグインなしで完全対応

WordPressの無料テーマと有料テーマすべての中で、ブロックエディタにプラグインなしで完全対応しているのは現段階ではSWELLのみ。

SANGOのブロックエディタ対応も進んでいますが、プラグインありです。当然、プラグインが1つでも多ければその分サイトが重くなるので先ほどのページスピードにも影響が出てきます。

よく見極めましょう。

ユンタン

SANGOもすごくかわいいよね!さいごのさいごはSWELLかSANGOの二択で迷ったよ

SWELLの料金・支払い方法>>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

フォロワーさんやお友達にも教えてあげてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる